データサイエンティストに必要なスキル、IT+統計+ビジネス、さらに語学

最近、データアナリストやデータサイエンティストの数が足りないなどの記事が多くあります。これは日本だけではなく、グローバルで同じ傾向があり、企業や大学などを含めてこうした人材を育成していこうとする動きが活発です。

個人的には、データ分析に関わる人や成功例が増えて、市場が大きくなるのはとてもうれしいことです。またそういうシーンに主体的に関われる状況にあることにワクワクします。

海外でも大学が無料で公開するデータサイエンティスト養成講座が増えました。KSKアナリティクスのメンバーも一部受講していますが、特に結構質の高い内容で「えっ、これが無料!」と驚いてしまいます。

Courseraのデータサイエンティストコース
https://www.coursera.org/course/datasci

udacityの統計コース
https://www.udacity.com/course/st095

North Western Univの予測分析(これはMasterコースなので有料)
http://www.scs.northwestern.edu/program-areas/graduate/predictive-analytics/

 

データサイエンティストに求めるスキルとして、最近は特に1) ITスキル、2) ビジネススキル、3) 数学統計スキルの3つが必要といわれています。さらに我々日本人にとっては、4)語学スキルが必須と思います。なぜなら、特にITや統計分野の情報量は圧倒的に、英語のものが多く、また優良な書籍やソフトウェアもほとんどが英語で書かれているためです。

第一線のデータサイエンティストには、上記3つのスキルを補強するための語学、コミュニケーションスキルが必要となると思います。

たしかに、今は上記を兼ね備えたスーパーマンは数少ないかもしれませんが、数年先にはかなり多くのデータサイエンティストが増えてくると思います。例えば、我々がやっているオープンソースのデータマイニングソフト RapidMinerのダウンロードが最も多い国は、実はアメリカではなくインドです。オープンソース・ソフトウェアや数学統計には国境はありません。個人の能力がそのままダイレクトに成果に結びつく世界です。

データサイエンスの分野でもグローバル競争は、どんどん起こってきます。でも私は悲観していません。日本人には語学のハンデはあるものの、コツコツと作業を行う勤勉さとユニークな創造性があります。日本初のアナリティクスをもっと世界に発信していきたい、最近特にそういう想いを強くしています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。