誰もが当たり前にデータを分析・活用できる社会

KSKアナリティクスは、Data Analysis for Everyone! (誰もが当たり前にデータを分析・活用できる社会)をビジョンにしています。私たちは、高価で使いづらい分析ツール、分析人材の不足、分析ノウハウの欠如の課題を解決し、日本のビジネスパーソンが真の意味でデータを活用できるようにしたいと思っています。これを2025年までに行うのが目標です。それはゆっくりと、しかし確実に進んで行きます。

例えば、2025年のビジネスミーティングは以下のようになっているでしょう!

meeting

見た目は今と何も変わっていません。。。多分PCやスマホ、タブレットなどのハードウェアはそれほど変わらないでしょう。しかし、その中で動作するツールは、表計算ソフトやBIツールに加えて、機械学習ツールが活躍しています。ツールはより使いやすく、低価格になり、業務と一体化することで、現場のビジネスパーソンが当たり前に使うようになります。また機械学習の概念もより一般化し、データ分析のスキルも広く行き渡るようになります。当然今よりも生産性は格段によくなります。

AIにより、仕事を奪われる・・などの議論がありますが、ディープラーニングも機械学習の一つにすぎません。業務や課題により、どのアルゴリズムが最適なのかは変わって来ます。2025年のビジネスミーティングは、機械学習による仮説発見&検証と、人間の経験を合わせたハイブリッドな意思決定が当たり前になっていると思います。

また、オフィス街にあるお弁当屋さんは、以下のようになっているでしょう!

bento

こちらも見た目今と何も変わっていません。。。しかし、ここに並んだお弁当は、ほぼ欠品なく、廃棄ロスなく売り切れるようになります。そしてそのお弁当屋のおばちゃんは翌日の弁当仕入れ量をスマホのアプリを通して勘案し、発注決定できるようになります。発注システムは、シンプルなインタフェースの後ろで洗練されたアルゴリズムが動くことで、効果的な意思決定支援を可能にします。

KSKアナリティクスでは、現場の方が使えるデータ加工&機械学習ツールを現在開発しており、今年後半にリリースする予定です。また時期が来ましたら発表させていただきますので、ご期待ください!

 

2 comments

  1. viagra usa より:

    side effects of viagra…

    buy viagra online overnight delivery – viagra priser – viagra generic canada show printable version…

  2. tadalafil…

    injections for ed – cialis and bph – cialis paypal…